MAZDA BLUE ZOOMERS

当サイトは、マツダブルーズーマーズを応援するサポーターズサイトです。 マツダブルーズーマーズおよびマツダ㈱とは一切関係ご ざいません。

カテゴリ: お知らせ

2016年度引退選手と2017年度新加入選手を紹介します。


■2016年度 引退選手 4名(*追記)
・立藤 雅之  2004年入社 ポジション:FL
・藤岡 孝志郎 2006年入社 ポジション:SO
*ハヴェル パウロファ フィナウ 2013年入社 ポジション:LO、No.8
*ギルバート アラン J     2014年入社 ポジション:No.8

■2017年度 新加入選手 7名
・永田 亮(1995/2/28)   同志社大学卒  ポジション:HO  169cm/90kg
・後藤 大輔(1994/4/22)  天理大学卒   ポジション:SO  174cm/87kg
・金丸 勇人(1994/2/28)  天理大学卒   ポジション:CTB 173cm/84kg
・崎口 銀二朗(1994/11/25)同志社大学卒  ポジション:FB  178cm/82kg
・中居 智昭(1981/9/18)  熊本工業高校卒 ポジション:FL  186cm/95kg 
 ※前所属:東芝ブレイブルーパス
・サミュエル フィグ(1992/5/7)   オーストラリア出身  ポジション:FL、No.8 194cm/100kg
 ※前所属:NSW Country Eagles(オーストラリア)
・アイザック トンプソン(1987/7/2) ニュージーランド出身 ポジション:SO、FB  183cm/93kg
 ※前所属:UC Vikings(オーストラリア)

◼フィナウ選手(No8)
今シーズンも多くの声援くださったサポーターの皆さまに感謝します。より高いゴールを目指し、私達は更に頑張ります。どうか引き続きご声援を宜しくお願い致します。

◼ギルバート選手(FL/No8)
サポーターの皆さまの温かい声援が大きな力となり、今シーズンもMBZは頑張ることができました。心より感謝します。私達は来年もより良い選手そしてチームを目指して努力し続けます。来シーズンもまた全てのサポーターの皆さまとお会いできることを心から楽しみにしています。

◼カマナ選手(CTB)
シーズンを通してMBZを応援してくださった全てのサポーターに感謝します。ありがとうございます。皆さまの応援からMBZはパワーをいただきました。来シーズンより多くの皆さまに試合会場に足を運んでももらえるよう全力で頑張ります。

◼斉藤健也選手(FL)
今シーズンもたくさんの応援、ありがとうございました。11月でシーズンが終わってしまった悔しさを糧にして、来シーズン取組んでいきたいと思います。引き続き、暖かい応援をよろしくお願いします。

◼大田選手(FL)
今シーズンも応援ありがとうございました!最終戦の中電戦では後半に「圧倒」を体現できたと思います。しかしトップチームとの差はまだまだあると感じたシーズンでもありました。その差を埋めるため今日から努力していきます!
来シーズンも応援よろしくお願いします。

◼南選手(LO)
MBZを応援してくださった全てのサポーターの皆さま、今シーズンもありがとうございました。MBZの一員となって初めてのシーズン、サポーターの皆さまの応援のおかげで、ベストを尽くすことができました。来年は更に上を目指し前へ前進し続けます。これからも応援よろしくお願いいたします!

◼長岡選手(PR、スクラムコーチ)
ご声援ありがとうございました。
トップチャレンジには進めませんでしたが、チームの成長を感じて頂けたかと思います。全てにおいて圧倒できるよう更に成長を続けたいと思います。
ご声援、宜しくお願いします。

◼柏田裕紀(FL)
2015年シーズンの応援ありがとうございました。来シーズンは今年以上の活躍が出来るように日々練習に励んで行きます。是非とも来シーズンも応援よろしくお願いします。

◼栗栖真也(LO)
今シーズンも応援ありがとうございました。
苦しい時に皆さんの声援により、勇気づけられ力を頂きました。
来シーズンもBLUE ZOOMERSを宜しくお願いします。

◼左手雄磨(LO)
いつも応援ありがとうございます!今シーズン私達のスローガンは『圧倒』でしたが、サポーターの皆さまの『圧倒』的な応援、本当に力になりました。来年もまた力強い応援の方をよろしくお願いします!

◼田中善聡(PR)
今シーズンもマツダラグビー部を応援いただきありがとうございました。
圧倒をスローガンに1年間トレーニングに励み、中電に勝つことができました。
来シーズンは更に成長していきます。来シーズンも応援をお願いします。

◼大木丈典(PR)
1年間熱い応援ありがとうございます。
今期、圧倒というスローガンで1年間練習を積んできました。しかしトップチャレンジ出場とはならず不本意な結果でおわりました。そんな中、特に最後の中国電力戦では、多くの方に会場まで足を運んでいただき、プレー中の声援には何度も助けられました。
来年は今年以上の成績になるように準備していきます。今後とも熱い応援をよろしくお願いします。

↑このページのトップヘ