MAZDA BLUE ZOOMERS

当サイトは、マツダブルーズーマーズを応援するサポーターズサイトです。 マツダブルーズーマーズおよびマツダ㈱とは一切関係ご ざいません。

新加入メンバーインタビュー、GWの最後分です。

まずは、早速フル稼働の通称AJ。
image

■ Allan John Gilbert(アラン・ジョン・ギルバート)選手
【Q】日本は、MBZの印象は?
【A】まずスタッフの皆さんがとても親切・丁寧で、入国や転居などがスムーズに進んだことに感謝します。来たときは寒かったのですが、だんだんオーストラリアの夏の雰囲気に近くなっており過ごし易いです。日本語はとても難しいですが、メンバーが私に合わせた言葉をチョイスしてくれるので助かっています。早くできるように勉強しています。
【Q】見所(ラグビー)を教えて!
【A】ブレイクダウンでのプレーのクオリティを意識しています。スピード、パワー、テクニック、回数などに注目して下さい。
【Q】サポーターの皆さまに一言。
【A】MBZのビッグシーズンとなるようファイトします。オーストラリアと日本のサポーターの皆さん、応援宜しくお願いします!

続いて、今シーズンからオフィシャルスタッフとなった、MBZ初の通訳担当。

■苅野星詩(カリノセイジ)さん
【Q】通訳業はどうですか?
【A】ラグビーは学生時代にやっていましたが通訳は初めて。(同期入社の米本選手に引きずり込まれました。笑)特に難しいと感じるのは、プレー中の気持ちや息が高ぶっている時の通訳です。要求をタイムリーにチームにインプットし、彼らがストレスなくプレーできるように努めています。
【Q】MBZでの目標をお願いします。
【A】メンバーとのコミュニケーションだけではなく、外国人選手にはチームが築いてきた文化やポリシーなども理解してもらい、心身ともにMBZの一員になってもらえるようにしたいです。

最後に、どーしてもインタビューしろというので、
image

■通称ピョンス選手
【Q】1年経ってどうですか?
【A】多くの出場機会に恵まれ、経験を積むことができたお陰で、周囲がよく見えるようになった気がします。そして広島県人は優しい。
【Q】 サポーターの皆さまに一言。
【A】全力プレーで皆さんに興奮・感動・活力を与えます。応援宜しくお願いします!

以上、新加入メンバーインタビューでした!

新加入メンバーインタビュー、其の二です。

質問は、①入社後の生活について、②私の見所(ラグビー)、③サポーターの皆さまに一言、です。

【新加入プレーヤー1】

FW並の体格を持つWTB/FB。
image

■左手雄磨(サテユウマ)選手
①学生時代が一人暮しだったので、寮の共用設備(風呂・トイレ・洗濯場・炊事場など)にとても抵抗がありました。
②コンタクトプレーに注目して下さい!
③若さとパワーでチームに貢献します。応援宜しくお願いします!


続いては、竹原出身のLO。
image

■長野勇貴(ナガノユウキ)選手
①先輩方の大人で優しい対応のお陰で、寮生活がとても快適です。
②身長を活かした空中戦(ラインアウトやキックオフ)と、スペースへのアタックを見て欲しいです。
③皆さんに愛されるチーム、人間になれるよう精進してゆきます。応援宜しくお願いします!

最後にとにかく明るい、そして笑顔が印象的だったPRの2人。
image

■高見優太(タカミユウタ)選手
①初の寮生活、部屋から食堂や風呂が遠い(一人暮しに比べて)ので最初は落ち着きませでした。
②重心の低い姿勢からのスクラムワークに注目して欲しいです。あとボールを持つ(アタック)のも好きです。
③1年目からレギュラーとしてチームに貢献しできるよう頑張ります。応援宜しくお願いします!

image

■小柳友徳(コヤナギトモノリ)選手
①学生の授業時間と比べ、断然長い勤務時間(今研修中ですが)にまだ馴れません。あと寮が一人部屋なので少し寂しいです。
②セット以外のプレーにも注目して下さい。無限のフィットネスでトライのためにサポートし続けます。
③チームにとって新しい風となり、貢献したいです。応援宜しくお願いします!

以上、其の三に続きます。





GWもビルドアップ中のMBZの、鯛尾Gでの練習にお邪魔し、新加入メンバーより一言いただきました。
数回に分けて紹介します。

【メディカル】

朝日医療専門学校で勉強中、トリオで加入です。テーピングや個別ストレッチなど、選手のベストプレーのためのコンディション作りに欠かせない存在です。
質問は、①主な担当選手、②MBZでの目標です。

image

■ヤヒロ君(右)
①千葉さんです。練習後にテーピングの感想を求めると丁寧にコメントをくれます。千葉さんとても優しいです。
②「ヤヒロで頼む」と指名されるようになることです。

■タハラさん(中央)
①石上さんや辰川さんです。各自にテーピング(可動域)に細かいこだわりがあって勉強になります。
②「今日のテーピング良かったよ!」と言ってもらえるようになることです。

■ヨシダさん(左)
①前田さんです。ランがいつも一番早くて凄いです。そんな前田さんのアキレス腱は私が守ります。
②より多くの選手に適応できるテーピングをマスターすることです。

MBZにとって選手と同じくらい大事な任務だと思います。皆さん、頑張って下さいね!

以上、其の二もお楽しみに!

↑このページのトップヘ